「さよなら絶望先生」トカゲのしっぽ切り / 「男子高校生の日常」が面白すぎて腹筋が崩壊する件 / 「高杉さん家のおべんとう」は胸が熱くなるんだ… / 生徒会漫画とか好きだから! / 「宇宙兄弟」新田が胸熱すぎる


2010年06月23日(水)

新装版「かってに改蔵」の4巻が発売されました。4巻の表紙が地丹ではなく、美人で有名のクラス委員の山田さんがブルマ姿で焼きそばパンを食べようとしている姿なのは山田さんファンとして嬉しいですね。


本編も懐かしくて、時事ネタなどはこんなのあったなぁと思い返せます。・そして、1巻で募集していた久米田先生が抱える悩みに対して、読者からのアドバイス。久米田先生の悩みは、海外で売れる漫画が描きたいけどアイデアが浮かばないというものでした。そして送られた読者の意見がアレすぎです。

この際、前田くんに外国を放浪させて、作風はそのままに、全世界に向けて愛を叫びましょう。安心してください。先生の漫画は某A氏にも某H氏にも負けてはいません勝ってもいないけど

凄いアドバイスです。励ましているようで、最後に落とすところが久米田先生のファンらしくて素敵です。で、注目すべきはカバーにある登場人物紹介です。すず部長の紹介を見ると…。


すず部長の紹介

これは山田さんじゃ…。胸が熱くなるな。

さて、「さよなら絶望」は休載を挟んで二週間ぶりの掲載。227話「別れろ切れろはしっぽの人にいう言葉」は、トカゲの尻尾切りネタ。しっぽのネタですので、小節あびるが少女漫画のように背景キラキラなほど乙女モードなのも納得です。


乙女チックなあびる

「切られたしっぽのほうがだんぜん好き」と語るあびるにときめくのは当然なのです。そして糸色先生は「あながち間違いでもありませんね」と語り、後ろのテレビを見つめるのです。テレビには総理の辞任劇が映し出されていました。


テレビ

御存じ、民主党の支持率が大変な事になって、鳩山前総理が辞任して菅内閣が発足されたら支持率が劇的に上がったでござるの巻きの事です。これをトカゲのしっぽ切りとバッサリ

このテレビを見た、糸色先生は「残った本体より、切られたしっぽのほうが優秀だったなんて良くあること」と述べるのでした。言いたいことは分かります。しかし、この言い方だと、前総理がまるで優秀だったと誤解を受けそうです。

ところで、久米田先生自信がサンデーにトカゲのしっぽ切りされたとか100万回言われていますよね!

今回は木津千里のカチューシャがまた変わっていたり、国家転覆を見事に達成させたり、と見所満載。範馬勇次郎が国会議事堂へ侵入したぐらいあざやかなものでした。個人的には、マ太郎のパンツはいてないっぷりが一番かな。

マ太郎のパンツはいてないっぷりは「咲」にも負けていない事は一般常識なのですが、今回は糸色先生に後ろから足を絡めて抱きつくという展開!


マ太郎

尻が半分見えるようにパンツをはいていません。大事なところを糸色先生に直に当ててるんですよ!あててんのよってレベルじゃないですよ。まったく!(笑顔

そんなわけで、我らの加賀愛もひょっとしたらパンツをはいてないのかも知れないと期待しつつ、今回の加賀愛は…。

1コマも出てませんでした。\(^o^)/

2010年06月23日(水)

今週の「はじめてのあく」は部屋に閉じ込められてしまうという話。ラブコメでは体育倉庫に閉じ込められるのは常識的なイベントで、二人っきりになった様子を楽しむのが通例ですが、やっぱりトイレに行きたくなるのは自然の摂理!そして、一つの結論に達するのです。おしっこ我慢している女の子は可愛い


おしっこを我慢

おしっこを我慢するキョーコの可愛さがやばい。この前の「華麗なる食卓」でもおしっこを我慢する娘の話だったのですが、最近はおしっこネタが熱いのです。そして、一つの結論が導き出されるのでした。

恥ずかしがって赤面する女の子は可愛いというのは、誰もが知っている事なのですが、特におしっこを我慢して赤面している表情が一番可愛いという事が判明しました。

さて、女子高生!わたし達日本人はこの言葉に飽くなき憧憬を禁じ得ませんッ。そしてわたし達は今日、その女子高生の可愛さを目にすることもできます。

例えば、バンドを組めばたちまち大人気で経済効果すら生まれます。


ふわふわタイム

この「ふわふわタイム(AA)」アニメで流れてCD出せば、オリコンで3位ですよ!

さらに、女子高生が麻雀をすれば、こちらも大ヒットですよ!



女子高生と麻雀という組み合わせが、これまたマーベラスなのですよ。そう、女子高生は柔道やろうが、剣道やろうが、生徒会活動をやろうが全て許される!むしろ、女子高生は日常生活だけで絵になる!華になる!

しかしですッ!
それが男子高生なら!男子高生など、戦うかスポーツするしか使い道がない!100歩譲っても、恋愛するぐらいしか絵になりません!

世間は女子高生が華があるばかりで男子高生を日常の場へ立たせなかったのですッ!学園モノ好きは、もうそろそろハッキリ言うべきなのです。男子高生は保護すべきである!

男子高生の日常生活など誰得!そんなの見て面白いのでしょうか…。これが超面白いのです!その名も「男子高校生の日常」。モテたい男子必見?


女子高生のゆるーい日常がヒットする中で対極の男子高生の日常。これが最高に面白いのです。はっきり言って吹き出す。オチも最高で、笑わないで読むことは困難です。1話で、妹のスカート履いてしまい調子に乗ってブラジャーを装着しようとしたら、見られるという感じ。

神の回と称される、伝説の4話。「夕暮れ時に河原で読書をしていると、不自然なほど近くに腰を下ろす女子高生。そんな時、あなたならどうする?」

「今日は…風が騒がしいな…」
(いや…なんか死にたくなってきた)

かっこいい台詞を呟いてみちゃいました。これは、よくわからない中二病的な台詞を連発しながら、心の中ではまともで恥ずかしがっているギャップが面白すぎて吹き出してしまうのです。しかも、終始シリアスな真面目な面だったのもポイント。


ギャップが面白すぎる

はっきり言って、これを吹き出さずに読む人はいないというぐらい面白いのです。今年は「ハルシオン・ランチ(AA)」と「男子高校生の日常」が、ギャグ漫画では最高峰だと思います。

で、先日2巻が発売されました。これも超絶的なセンスで、ゲラゲラ笑って腹筋が崩壊してしまう破壊力。女子高と一緒に文化祭をやったりと見所満載。基本的にくだらん男子高校生の日常なのですが、これがいちいちツボ。「男子高校生と文学少女」の続き収録されていたのが嬉しかったり。

最高に面白かったのは、一緒に文化祭をした女子校の生徒会長に備品を借りに行ったガラ悪そうな怖い顔の生徒会メンバー。しかし、中々貸して貰えず必死で頼み込むのでした。


備品を貸してくれと頼み込む

そこへ、通りすがりのイケメン男子高校生が、絡んでナンパしていると勘違い。このイケメンは最高にかっこ悪いわけですが、怖そうな生徒会メンバーは示し合わせたように、通りすがりのイケメン男子に華を持たせて不良を演じるのです。やべぇ、ちょっと感動してしまいました。で…、通りすがりのイケメンは、不良から女の子を救ったという感じでめでたしめでたし…。

どうやら芝居はうまくいったようだ…状況的にこうするしかなかったからな。あとは頼みますぜりんごちゃん」
「我々が実は知り合いだということが知られたら、その男はとてつもなく恥ずかしい思いをすることになる」
「後はそちらの彼と夜の街に消えるもよし。『助けなんていらないのに』と涙目で強がるもよし。とにかく彼に感づかれぬようごまかし願います

知り合いでもない通りすがりの男に華を持たせるなんて。胸が熱くなるな。しかし、女子高徒会長は…


??????

この意を汲めませんでした
というわけで、2巻も最高に面白いのです。これは超お勧めです。突っ込みのテンポもネタもよいのですが、台詞まわしが逸材すぎます。声に出して笑ってしまう可能性が高いので、人前で読むのは危険です。

2010年06月26日(土)

先日「つるた部長はいつも寝不足」の1巻が発売しました。美術部の鶴田部長と部員のやり取りが面白いのです。


特筆すべきは鶴田部長の妄想癖。よく妄想するのですが、妄想するネタがほぼ全てエロというのは胸が熱くなるってものです。やはり一人でエロい妄想する少女は、何かを持っています。

さて、これは全力で超お勧めしたい「高杉さん家のおべんとう」。先日、待望の2巻が発売されました。


タイトルだけでは、高杉家のお弁当がメインの話と思われがち。確かに、メインはお弁当なのですが、そこから広がる人間関係が素晴らしいのです。

30男の高杉温巳は就職も決まらないで研究室で燻ぶるオーバードクター。それが、ある日突然7歳年上の叔母が亡くなり、12歳の従妹に当たる久留里引き取ることに。

温巳は、年頃の娘の保護者となるわけですが、美少女で無口な久留里との生活に四苦八苦。特に二人で料理と家庭を育んでいく様が実にマーベラスなのです。節約家の久留里と、それに振り回される温巳の家族の団らんには、胸が熱くなるほど感動的。

特に、久留里の無表情で無口ながらも、ど直球な感情の揺れが素晴らしいのです。1巻ラストでは、授業で「日本と民法では、直系と3親等居ないの婚姻は禁じられています」と聞き、イトコ同士なら結婚出来ると知り、顔を赤くして嬉しそうな表情をするのでした。


イトコ同士は結婚出来ると知り

はじまったな!
1巻ラストで、初恋をしてしまった様子が描かれた久留里。ちなみに、温巳の初恋は久留里の母親の7歳年上の美哉で、中学の授業で叔母とは結婚できないと知って、初恋は終わりを告げたのと比較すると面白いです。

で、2巻では「離れてても、同じものを食べている。さえない30男と13歳の少女の想いをつなぐ小さな箱、おべんとうを通じて描かれるハートフルコメディ」というオビ通り、超ニヤニヤ展開の連続で胸熱ですよ!

今まで久留里が一度も名前を呼んでくれなかったのですが、初めて名前を呼ぶというビックイベントが起こるのです。


初めて名前を呼ぶ

温巳には聞こえておらず、久留里が誰にも聞こえず呼んでみただけなのにも関わらず、それでも照れてしまった「かあああ」と大赤面して恥ずかしくなっている様子ニヤリング&ローリングで身悶え3回転半を記録するって話ですよ!

勿論、家族の話も温かくなりますが、やはりラブでコメる様子が大好物の身からすると、久留里が色を知る様子にニヤニヤせざるを得ません。

キモは、やっぱりパンツなのです。今、俺の中で着実にキテいるのはクマさんパンツなのは以前に説明した通りです。久留里は、中学生らしくクマさんパンツだったわけで、


クマさんパンツ

この頃は、クマさんパンツを堂々と干しており、久留里はまったく気にもしていませんでした。それが、一緒に生活するようになって、イトコ同士は結婚出来ると知って顔を赤くしていた久留里。中一の久留里は、中二に進級しました。

相変わらずクマさんパンツを着用する久留里。しかし、温巳にパンツを見られるのは恥ずかしいようで…。


クマさんパンツを見られて…

温巳の所へ来たばかりの頃は全然平気でクマさんパンツを干していたのに、色を知ってからは恥ずかしがるようになっていました。まったく、頬がニヤけてしまうっていうものですよ!

つまりクマさんパンツは、やっぱり最高という事です(結論)

2010年06月26日(土)

この前、歴史に残るコラボをした「みなみけ」。南家三姉妹に加えて、トウマなどの活躍も目が離せません。フィギア付きの限定版「みなみけ」7巻の予約がアマゾンで開始されました。
【Amazon】みなみけ(7)フィギュア付き初回限定版

さて、皆さん生徒会長は好きですか?ラノベやアニメでは生徒会モノが非常に熱いのですが、漫画でも当然生徒会がきているのです。今のトレンドは生徒会ですよ!

いま、この生徒会漫画が胸熱

貧乏学園で、突如生徒会副長に抜擢されたお嬢様を中心とした、貧乏な生徒会を描いた4コマ「ツギハギ生徒会」。


学園の経営がヤバイ状況という事で、節約術に長けていそうな面子が生徒会役員になるというもので、生徒会長はドテラが似合うロリっ娘の貧乏人銭亀たまる


生徒会長、銭亀たまる

貧乏にも負けない元気いっぱいな様子と、まどかとの百合的な展開にニヤニヤとするものです。で、いきなり、何でこの漫画なのかといえば、この前のチャンピオン30号で最終回を迎えてしまったからです。


最終回を迎えてしまった「ツギハギ生徒会」

最後は、学園崩壊の危機に、お金よりも大切な物はあるけど、でもお金も大事だよねという事で、校長の純金像を売って、学園の破産は免れました。最後までバラバラのチームワークの生徒会を、ツギハギみたいな生徒会という事で終了。

「ツギハギだらけの連載でしたが、ご愛読本当にありがとうございました!」と、2巻がいつ発売するのかという告知はどこにもありません。ご存知、週刊少年チャンピオンは、ジャンプ、マガジン、サンデーが打ち切りでも単行本を発売するのに比べて、単行本が出ない事がザラです。つまり、「ツギハギ生徒会」の2巻は永遠に出ないという事です。胸が熱くなるな!

女装から百合とか男同士とか、色々とバラエティー豊かでそういうのが好きないかにもな方ならいける「こいこい生徒会」。


まあ、生徒会長と副会長はヤローなのでどうでもよいのですが、やはり主人公の巨乳娘カルタ(書記)と、ちびッ娘上級生のてまり
(会計)が可愛くてニヤニヤとしてしまうもの。

そして、狙いすましたあざとさは素晴らしいの一言。


あざとさ

もう少しラブコメ要素が欲しいかなとも個人的に思いますが、女の子が可愛くてパンツが見えればそれで良いので、これでよし!おっぱいの大きさにばかり目がいきがちですが、赤面した表情もニヤニヤなので今後に期待です。

ガンガンオンラインは面白い漫画の宝庫なのです。「男子高校生の日常」と「ばらかもん」が個人的にトップ2でお勧めですが、「生徒会のヲタのしみ。」もマーベラスなのです!


中学時代ではオタクだった事に良い思いでがあまりなかった斎藤健、高校ではオタクを隠して生徒会に入って、ちょっと目立つようになってモテちゃうかもと淡い期待を抱き、「斉藤健いきまーす!」とアムロの如く生徒会室を訪れれば、そこにはメイドさんの軍団が!

そう、生徒会のメンバーは全員が超濃いオタクだったのです。謎のロボ萌え属性があるツンデレ会長をはじめ、BL好き、百合好きに幼女好きのロリコンと、その道で一流のオタクたちで構成される生徒会メンバー。

特に、生徒会書記を務め、実はエロで大手サークルをやっている南あやの恥ずかしがっている表情はニヤニヤしてしまうのです。


南あや

純情で清楚というイメージで通っているのに、エッチな本を作っているとか胸熱ですよ。全体的にヲタネタのオラオララッシュの為、そういう元ネタが分かると楽しめるという感じです。

生徒会役員というのは仮の姿、日々恋愛を研究するという名目で、恋のレッスンをする「恋愛ラボ」。


個人的には主人公りこのラブコメパートが非常にニヤニヤしまくって大好きなのですが、生徒会長の真木夏緒も黒髪ロングストレートで、天然っぷりが胸熱な生徒会長です。


生徒会長、真木夏緒

なによりも、2巻から始まったヤンとのラブでコメる展開に、毎回ニヤニヤしまくって悶絶するのです。ちなみに、生徒会長としては相当優秀ですが、ラブでコメる恋愛が弱点とか最高すぎるのです。これは誰でもニヤけてしまうほど素晴らしいものです。

ガンガンで地味に連載されている「ばのてん」は、地味に面白いからあなどれません。


「その場のテンションで!」を略して「ばのてん」という名前の通り、その場のテンションでボケと突っ込みが繰り広げられる生徒会メンバー。

個人的には、主人公(?)の会計、千夏が男みたいな性格と言われて、スカートたくし上げて「私は女だー!!」と主張したのは胸熱です。


スカートたくしあげる

また、基本的に生徒会を描いた作品の多くの場合は、会長は無能であると相場は決まっています。「ばのてん」も、生徒会長は天然で巨乳で癒し系で、常にぐーすか寝ておりほとんど仕事をしません。


生徒会長、眠花

しかし、なんだか許されてしまうのです。可愛いから。ウサギが欲情して腰をカクカクと振り出すほど妙な色気ろおっぱいを標準装備。テンポよくボケと突っ込みが応酬され、今後も非常に楽しみです。しかし、会長の可愛さは本当にどうしようもないな!

いつもの氏家作品なんだけど、たまに炸裂する会長のガチデレの破壊力は超ド級な「生徒会役員共」。


「妹は思春期」から続く、いつもの下ネタ系の4コマ漫画。生徒会役員を中心にしてもやっている事は変わらず。しかし、「生徒会役員共」の最大のキモは、会長がガチデレする事!常に下ネタでボケまくる天草シノ会長が、本気でデレた時の破壊力はマジでパねぇものですよ。


ガチ

なぜだろう、イチャイチャしてる2人を見てるとイラついてしまう…

タカトシとマリアが仲良くしている様子を見て嫉妬してしまうでござるの巻き。この後の勘違いを含めて、ニヤニヤと寸止めっぷりが最高でござる。

もうすぐアニメも放送されるとあって、こちらも非常に楽しみです。早くもアマゾンにはアニメDVDの予約が開始されています。
【Amazon】生徒会役員共 1 (Blu-ray)
【Amazon】生徒会役員共 1 (DVD)


で、生徒会漫画といえばキモはヤングガンガンで連載していた「んぐるわ会報」が個人的に大好きだったのです。ついに最終巻が発売されて完結です。


とんでも生徒会というよりも、どこにでもある普通の生徒会の日常。悪く言えば地味なのですが、これが私のツボに嵌って大好きでした。無表情で背が小さい生徒会長。最後まで名前不明で、会長と呼ばれていました。

時間軸がリアルに流れる為に、会長は一人で卒業するシーズンを迎えてしまっても…。


留年

会長は留年してしまいました。会長の座を譲るものの、名誉会長として生徒会に居座っていましたが、ついに卒業を迎えてしまいました。一通りの学校行事をこなし、きちんと生徒会活動を現実的に行っていた事がマーベラスですよ。

4巻の冒頭では「特別なことはしていないわ。でも。格別な思いはしていたと思う」という会長の言葉は胸が熱くなるというものです。これといって特別な出来事をするというわけでなく、現実的な生徒会活動を通して、格別な思いをしたというのは良いです。

そして、何よりもポイントなのは明るく元気な里見が生徒会に入った時の外伝が収録されていました。4巻には外伝が2話収録されており、どれもヤンガン増刊号で掲載されたものなのですが、これが本編との間に収録されて、アクセントが効いて本編がさらに楽しめるってものですよ。


里見の生徒会というものに対するイメージ

「生徒会ってもっと…勉強ができる人とかリーダーシップのある、その…すごい人がやるものだと思って。あたしみたいな普通の生徒がやるものじゃないな―…なんて」

会長に生徒会役員に誘われた時の台詞。そしてこういうのは縁だからという事で、生徒会役員に入ることになりました。で、1巻の冒頭で綴られた誰かの台詞

それもあたしは、やっぱり生徒会に入ってよかったって、そう思うんです

夕焼けを背景に学校の校舎がカラーで見開きに映し出されて、詩のように綴られた誰かの言葉。

そして、卒業シーズンで久々に生徒会役員5人が揃い、卒業生が生徒会の思い出を語りました。会長だけは言いませんでしたが、やはり4巻冒頭の「特別なことはしていないわ。でも。格別な思いはしていたと思う」というものでしょうか。で、在校生の里見も生徒会の思い出を語るのです。

「あたしは…皆さんに迷惑ばっかりかけていたような感じです。先輩方にも…同級生の松っちゃんにも。勢いに任せで入った生徒会で、難しい仕事も山ほどあって。力不足で…いつも助けてもらってばかりで…。なんか…思い返してたら、反省する事だらけになっちゃいますけど…。でも…なんだろ」


里見

それでもあたしは、やっぱり生徒会に入ってよかったって、そう思うんです

1巻1話目の冒頭で語られた誰かの台詞は、里見の言葉だったのです。ちょっと感動的。

こうして、先輩たちが卒業して残る事になった、里見と松戸は新たな生徒会メンバーと仲良く楽しくやっているようです。最終回では、3年生になった里見が生徒会室へ向かうシーンは1話とまったく同じ構図で嬉しくなりました。

そして、生徒会室にはみんなが揃っている中に「こんにちはー」と挨拶して入る里見に向けられる誰かの台詞…。

あら里見、早いじゃない

…え?もう3年生で最高学年になった里見を呼び捨て。というか、他の生徒会メンバー全員揃っている感じなので、むしろ遅いというべきなんじゃ。で、松戸にはさっき挨拶したばかりだし…、後は後輩しかいないはずですが。この台詞誰のだ

ちなみに、1話でまったく同じ台詞を聞いた記憶が…。


1話で

あら里見、早いじゃない

会長、まさか2留…。胸が熱くなるな!

2010年06月27日(日)

最近は、はやぶさ関連のニュースでJAXAがやたらとクローズアップされています。「宇宙兄弟」を読めば、さらに楽しめますよ!先日、「宇宙兄弟」の10巻が発売されました。


私はモーニングで一番大好きなのが「宇宙兄弟」なのです。今年は講談社漫画賞にノミネートされながら、同じモーニング連載の「ジャイアントキリング」に競り負けて、2位という結果でした。そして、審査員だった福本伸行先生の選評が胸熱です。

一般部門は、「GIANT KILLING」と「宇宙兄弟」で、悩みに悩みましたが、「GIANT KILLING」を、昨年に続き、二度落とすのは忍びなさすぎる。すまん。六太、日々人。でも、この兄弟は、本当に素晴らしかった。必ず、次があります。

というわけで、福本先生素晴らしかったと言うほど、この兄弟には胸が熱くなります。で、10巻。9巻では日々人の月面の様子でしたが、舞台がガラリと変わって六太達の宇宙飛行士候補生の訓練がはじまります。

今回クローズアップされるのは新田零次。「宇宙兄弟」には、宇宙飛行士を何故目指すのかなど、夢破れた者も含め各キャラにスポットが当たり、それが熱くて感動するのですが、新田にはスポットが当たらずに宇宙飛行士候補生にまでなりました。

で、新田には引きこもりの弟がいた事が判明。そして、六太に対して言った台詞が熱すぎるのです。

「どうしようもねえ奴だ…25にもなって…。どうしようもねぇ…。俺は…若くして月面を踏んだ南波日々人も、そんな弟を持つ南波も…うらやましく思うぜ」

これを聞いた六太は「ずっと、そんな風に思ってたのか」と過去の新田の言動を思い出すのでした。


新田の言動を思い出す

新田が「うらやましいぜ、あんな弟がいて、たいしたもんだよ、弟」と「お先にどーぞ、お兄さん」というシーンを思い出す六太。

思えば、新田は宇宙飛行士選抜試験の3次審査において、登場して六太を「お兄ちゃん」とか「お兄さん」と呼んでいました。それが、こんな思いに繋がっているなんて胸熱です。凄い伏線だと感動します。

確かに、3次審査の時には「どーぞ、お兄さん」というシーンがありました。


「どーぞ、お兄さん」

凄いのは、新田の「うらやましいぜ、あんな弟がいて、たいしたもんだよ、弟」と話すシーンが作中のどこにもない事。これ、ここで初めて描かれた台詞です。本当にあったシーンと一緒に初めて描かれたシーンを、六太が思い出すことによって、まるで初めから伏線が張られたと思い込んでしまいます。これは上手いなぁ、と。
※すみません。弟を褒めるシーン6巻にありました。大変失礼しました。素晴らしい伏線っぷりに胸熱です。


たいしたもんだよ弟

また、南波兄弟を理想という新田に対して、六太は「俺は…お前みたいな兄貴になりたかったんだ。道に迷ってる弟を…そんな風に導いてやれる兄貴に」という台詞が熱すぎます。

六太は常に「"兄"とは常に、弟の先を行ってなければならない」と、弟よりも先に行くことが兄としての務めとだと思っていましたが、実際には…。


兄は弟の先を行くものだが…

だけど…何をやっても俺を追い越し、先を行くのは弟・日々人じゃないか

優秀な弟を持つ六太を羨ましいという新田、弟を引っ張る兄で新田が羨ましいとい六太。お互いが羨ましいとか、お前ら熱すぎるだろ。そして何よりもキモは、5人の日本人のアスキャンがJAXAのサイトに動画がありました。

引きこもりの新田・弟は兄・零次のメッセージを開いてみるのでした。そこには…。

「昔の僕にとっては…学校と塾と家の中だけが…世界の全てでした。とても小さくて、狭いと感じていました。だからかもしれません。星空を飽きもせず眺めたり、地球の外へ飛び出したいと思ったり。もし…これを見ている人の中に、今…『自分の居場所がない』と強く感じていて―小さな世界に閉じこもっている人がいたら、聞いて下さい。それこそが外に飛び出す原動力です」


仁田の名言

「宇宙兄弟」は名言の宝庫なのですが、これまた凄い名言が飛び出してしまいました。なんというか心に突き刺さる台詞が多すぎなんですよ。本当に「宇宙兄弟」は熱すぎて困る。

さらにオビに「お前の願いってなんだったんだ?」と、あるように新田弟の願い事とは何だったのかも気になるところ。



トップ