「兎の角」が極上のマーベラスなものだった件 / 超展開を迎えた「B型H系」夢か幻か現実か… / 「惡の華」欲望をブチ巻けろッ! / ジャンプサッカー漫画新連載「LIGHT WING」 / 今週のマガジン(43号)のインパクトが半端じゃない件


2010年09月16日(木)

【Amazon】学園黙示録HIGHSCHOOL OF THE DEAD(7)Blu-ray付限定版
【Amazon】TVアニメ「けいおん! ! 」劇中歌集 放課後ティータイム II(初回限定盤)


まずは、アマゾン情報を2つ。で、先日睦月のぞみ先生の「兎の角」1巻が発売されました。私は千葉の松戸にある「兎に角」というラーメン屋が大好きです(まるで関係ない)

兎の角 1巻 (ビームコミックス)
睦月 のぞみ
エンターブレイン

オビに「鈴のチカラで魔をしりぞける、ふたりはご存じゴースト・バスターズ!!」と書かれているように、所謂オカルト退治モノなのですが、それだけではないのです。

私立天沢学園で夜な夜なあらわれる女生徒の幽霊。この幽霊に会うと…という噂。3ヶ月で4人の生徒が意識不明という被害になっています。そこへ転入してくる拝み屋と呼ばれる幽霊退治屋の真白アヤ、ト理事長の娘の天沢イズミ2人による幽霊退治が主なストーリー。

サクッと読了…超面白かった!
まず、真白アヤと天沢イズミが超可愛い。ビジュアル的に可愛いし言動も可愛いというコンボで、まさに胸熱という感じなのです。なんと言っても、真白アヤの格好がヤバイ。上半身学ランで下プリーツの組み合わせはヤバイです。


学ラン+プリーツ=ヤバイ

珠玉の組み合わせに加えて、黒タイツというのだから素晴らしいと言わざるを得ません。「黒い制服+黒タイツ」は最も美しい方程式な1つなのは今更説明の必要はありません。特に最も芸術性が増すのは、黒タイツが伝線したりやぶれた時なのです。そして、何度も破れる真白アヤの黒タイツに我々はガッツポーズを取るのみ。


黒タイツが破れて

黒タイツが破れた個所から見える素肌に破壊力はとんでもありません。私は黒タイツが破れた先にある素肌に、一つなぎの大秘宝を見出しました。

ゴースト・バスターズとしての2人の活躍も楽しめますが、なんと言っても2人の日常というか掛け合いが面白いのも魅力の一つ。そして、この2人が醸し出す百合的な雰囲気というか、ぶっちゃけセクハラ的な展開に、頬を緩めてニヤニヤするのみなのです。

アヤに見つめられるとドキドキしてしまうイズミにはじまり、一緒に寝る展開、髪の毛褒められて赤面…と、どれだけ人をニヤニヤさせれば気が済むんですか!特に、両者拘束されて(この格好には劣情を抱く)、イズミが口を縛られたのをアヤが口を使って取って上げるシーンには浪漫溢れるものでした。


浪漫溢れている

まさに胸熱ですよ!
基本的にアヤがボケたりセクハラ的な言動で赤面するイズミというのがお決まりの定番パターンです。また、時たま炸裂するシリアスなシーンでの赤面というのも外せません。やはり原点回避のように、赤面する女の子は可愛いのです。アヤとイズミの神秘的で神々しい百合的な雰囲気が非常に素晴らしい!

まあ何と言っても、何度も読み返すとその伏線とか設定を発見できる事は非常に良い事。やはり、複数回読み返したら、その都度「lこれはこいう事か!」と新たな発見をするのは特筆すべき点です。ぶっちゃけ読了後に驚いたのは細かい伏線と設定の緻密さなのが個人的印象。

というのも冒頭ウワサ話が本当にあったエピソードから、シズカの過去の話の流れが本当に上手い。冒頭の、ある女子生徒が目撃したという天沢イズミが夜中に遼を抜け出すという話。これが、1話「天沢イズミと真白アヤ」の1ページ目で意味深に綴られたシーンであり、ウワサの幽霊の正体が判明した時にパズルがピシッとハマった感じに判明した時のマーベラスさはただ事ではありません。

例えば、時系列。まず冒頭の女子生徒3人組がウワサの幽霊に襲われるシーンと1話の1ページ目とウワサ話の4人の生徒が眠りっぱなしという点。幽霊の正体が判明して、時系列は一気に解決。1話の冒頭のシズカ→序章として綴られた3人組の幽霊目撃事件という時系列にな

また外せないのは、シズカのジャージ力です。先日ジャージ力の話しをしましたが、「兎の角」のヒロイン天沢イズミも選ばれしジャージ戦士だった事をここに記しておきます。


選ばれしジャージ戦士

はじまったな…!
これはジャージ力Bの発展を越えた何かです。イズミは乳が大きくて、普通にジャージを着用すれば胸の部分がピチピチになる事は明らか。しかし、それに加えてサイズの合っていないキツキツのジャージを着たらどうでしょうか。

ただでさえ胸が大きくてジャージを着たら胸がピチピチになりそうなものを、キツキツのジャージを着用した時、とんでもない破壊力を発揮してしまうのです。しかもシャツを着用せずに下着の上にジャージですよ!シズカのジャージ力は宇宙規模でヤバイ

まあ最高の展開を迎えるのは、実はアヤが…(ピーッ)だったと判明した時のシズカの言動に悶絶、改めて読み返して再び悶絶して色々と納得という。ヤバイ、始まり過ぎですよ!

そんな感じで、普通に幽霊退治モノとしても楽しめる上に、アヤとシズカのニヤニヤ展開に悶絶して部屋を転げまわる破壊力を発揮して萌え展開がてんこ盛りな「兎の角」。非常にマーベラスだと言わざるを得ません。

兎の角 1巻 (ビームコミックス)
睦月 のぞみ
エンターブレイン

以下、超絶ネタバレです

いやはや、幽霊退治ものとして面白い上に、2人の掛け合いにニヤニヤしてしまうというマーベラスな「兎の角」。なによりもアヤの性別が判明してから超ド級の展開へ突入ですよ!


男だったー

いやだって私、男だから

神秘的な百合展開に悶絶してたら男の娘だったでござるの巻き。なるほど、アヤの性別が男だと判明して全ての謎が解けました。つまり、シズカが赤面しまくったのも仕方がない事だったんんでしょ!うっひょー、読み返す度に色々と発見できてマーベラスここに極まりですよ。

そして男だと分かって寝ているアヤの下半身を色々と確かめてハワハワしているシズカに、我々はただひたすら称賛を送るのみなのです。


色々確かめる

こっちには何か有った―
「何っコレ。硬すぎず柔らかすぎない質量のモノが顔面に!?」
「コレはつまり、やっぱり確実に真白さんは、そんなどうしよう

はじまり過ぎだな。股間に顔を当てて事実確認するシズカに色々と込み上がったしまうというものですよ!マーベラス!

2010年09月16日(木)

「B型H系」がヤバイ。アニメ化もされたヤンジャンで大好評連載中なのですが、今週のウヤンジャン(286話)の展開が度肝を抜く程に、マーベラスな展開を迎える事になると誰が予想したのでしょうか。


「山田」という名前のヒロインが超可愛い事は漫画界の常識なのですが、「B型H系」の山田はその法則通りの超絶美少女でした。顔良し、スタイル良しの為に回りからは恋愛経験豊富と勘違いされてしまいのが玉に致命傷な美少女。

実は「B型H系」の山田は今まで恋愛経験0なのです。そんな山田がひょんな出会いをきっかけてにクラスメイトの冴えない小須田に惚れてしまい、小須田も山田大好きで…という関係。

いつも両想いなのに、山田のプライドとか自尊心が邪魔して究極のスン止め漫画となってました。


山田

小須田のくせにッ

何時もあと一歩のところで寸止めになってしまう「B型H系」。小須田がヘタレなのと共に、山田もプライドが邪魔して、どうもあと一歩進めません。これこそ究極の寸止め漫画と言われつ所以です。

しかし、週刊少年ジャンプなら分かりますが「B型H系」はヤングジャンプ掲載です。つまり少年誌なら寸止めでも仕方ないけど、青年誌でヤらなくてどうする…という感情を持ってしまうのも事実。

ボールは友達と危ない発言をしていた「キャプテン翼」の翼くんですら、早苗ちゃんと結婚してヤる事ヤっているのです。デリヘル漫画で純愛しちゃう展開すらあるヤンジャンで、何時までも寸止めで引き伸ばしで引っ張れるというのだろうか…、答えはNOである!ヤッてやるさ!何を?セックスを!

そして開始される「B型H系SAGA
(以下、ここ最近のヤンジャンの内容ですので単行本派注意)

きた……・ッッこの日が…!
セックスの…日ッッ
(バキSAGAより)

ここ最近の「B型H系」の展開はヤバイ。寸止め漫画だと思ってたらとんでもない。ドラクエで言えば「エッチな展開を迎えました」→「小須田が童貞を捨てるなんてとんでもない!」と呪われた装備を外せないように、小須田の童貞も呪われていました。しかし、ここ最近はブレーキが効きません。寸止めに終わるのかと思いきや…、毎週毎週展開される山田と小須田のエッチな展開に我々は体の一部を熱くするのみなのです。


体の一部が熱くなる展開

耳をペロペロ。
モテ系美少女で通してきた山田ですが、初めてのHでその経験の浅さを小須田に見抜かれたりもするも、耳舐め舐めに俺の胸も下半身も熱くなるという超展開を迎えてしまいます。
なるほど、今回のエピソードは山田の耳をペロペロ舐めて寸止めになる展開かと先読みしたらとんでもない。小須田は「今、オレ舌を耳穴に入れてる。この先、借りにまたH失敗しても一応、山田の穴に入れたことには」などとオチまで準備していたのに、この展開が終わりません!

モテ系美少女で通してきた山田ですが、初めてのHでその経験の浅さを小須田に見抜かれたりもするも、耳舐め舐めに俺の胸も下半身も熱くなるという超展開を迎えてしまいます。

赤面しっぱなしでエッチな声を出して、いつ寸止め展開になるのかと思いきや、いつまで経っても、この展開が終わりません。挙句の果てに、モテ系女子高生で経験豊富で通してきた山田が実は未経験であることまで暴露してしまいました。


暴露

あたしがちょっとでも痛いって言ったら絶対途中でやめなさいよっ
「それって、もしかして初めてってこと!?」

はじまったな。ここらで寸止めかと思いきや、今回の「B型H系」はオチになる展開を何度も迎えながら、終わりません。このまま突っ走っていくのです。

つまり、ヤルのです。究極のスン止め漫画として君臨してきた「B型H系」がやってしまうのです。


やってやるぜ!

我々読者がそろそろオチだろとか思ってたら、何時まで経ってもオチにならずに、ついに1ヵ月近くにも及んだ今回のエピソードがヤってしまうという「B型H系」とは思えない超展開を迎えてしまうのです。4コマ漫画が見開きになる時は、物語に重大な事が起きた時なのですが、まさかのエッチシーンで初見開きを迎えてしまった「B型H系」。

赤面しながらj涙目で「大好き」と心情を暴露する山田に頬を緩めてニヤニヤするのみです。「痛くても我慢する」と赤面して恥ずかしそうに述べる山田の可愛さがヤバイ。スン止め漫画と思ってたらそのままイっちゃう展開がヤバイ。「急いで終わらすから」と言って、本当に数秒で終わらせた小須田の早漏さがヤバイ…。

おいおい、あの究極のスン止め漫画「B型H系」がヤってしまったぞ…、どうなってるんだ。しかし、この展開を迎えたという事はもうすぐ終わりという事なのでしょうか。何にしても胸熱です。

童貞&処女を捨てた小須田と山田…。両者、終わった後にはおめでとうなどと声をかけ合っていました。


健闘を讃え合う

気になる点といえば、ラストのコマの回りが黒く塗りつぶされていた点。「ワンピース」では過去のエピソードを描く時に使われる、コマの枠外真っ黒という手法。主に一般的に使われるのは、過去の話と夢オチです。

まさか、1ヵ月近くも引っ張った山田&小須田の初エッチエピソードが夢オチで終わるなんて事は…。何にしても次回は必読ですよ!


2010年09月20日(月)


「キスするときって、どんなとき!?」と帯にも描かれている通り、ついに吉沢さんと…という最高にニヤニヤするかと思いきや、そんなに胸がときめかなった自分にビックリ。多分、その後のリアクションとか赤面を期待していたからなのでしょう。

で、2巻といえば2人目の天使が登場したりと見所満載なのですが、どう考えても発情したメーコが全てを持っていっているのです。


メーコ

ビジュアル的には、あきのやささらに遅れを取ってると思いきや、株価が一気に急上昇です。というか吉沢あきのさんは赤面率が低くてときめかん。ひたすらメーコにニヤニヤするのみだったのですが、エッチな表情も素晴らしいな!

さて、「惡の華」の2巻が発売されました。1巻の「クソムシが」という表紙がインパクト絶大でしたが、2巻は「変態なんかじゃ…ない」とこれまた一見さんがドン引きしそうな素晴らしい表紙です。で、内容もマーベラス極まりですよ!


2巻は素晴らしいラブでコメりっぷりで、俺のニヤニヤ指数が振り切れるというものです。なんと言っても冴えない少年がクラスのマドンナ的存在の美少女を射止めるというものには浪漫があるというもの。という事で、春日くんがクラス一のルックス良し性格良しのパーフェクト黒髪ロング美少女の佐伯さんをゲットするという胸が熱くなる話なのです。

「オレの詩神(ミューズ)…」「オレの運命の女(ファム・ファタール)」などと中二病全開で想っていただけだったのですが、どういう転機があってハートを射止めたというのか。まず立てたフラグ転んだ拍子に胸へダイブというラブコメにはお約束の展開。


最初のフラグ

やはりラブコメでは、食パン加えて走れば交差点で転校生とぶつかるぐらいの基本は大事です。転んだ拍子に胸へ顔面ダイブは基本の基本でイベントとして外せません。この後、ぶん殴られればフラグとしては完璧なのですが、佐伯さんはそこらの量産タイプのツンデレとは一味違います。顔を真っ赤にして恥ずかしそうに走り去ってしまいました。大和撫子的な反応に称賛を送るのみです。

胸への顔面ダイブで気まずい関係になるのかと思いきや、ちょっとかっこいい所を見せてしまいフラグは完璧に成立ですよ。クラスで給食費が盗まれるという事件が発生すれば、怪しいクラスメイトを何の証拠も無しに犯人に吊るしあげる所を颯爽とかばって男らしさをアピール。これを見た佐伯さん「かっこよかったよ」と好感度はウナギ登りってもの。

そのまま一気に佐伯さんルートへ突入ですよ。一緒に話すようにもなって、佐伯さんが先生に頼まれごとをすれば手伝ってあげたりと、順調に好感度を上げていき、ついにデートの約束を取りつけます。


デートの約束を取り付ける

順調に佐伯さんルートを突き進み、ついに初デートまで持って行きました。初デートは、大好きな古本屋で佐伯さんを置いてきぼりについついはしゃいじゃいますが、それでも佐伯さんは良い子で本好きの春日をちょっと赤面しながら見つめていました。特にお互い並んで歩いてるだけで赤面している様子が初々しくてニヤニヤもの。そして、初デートで告白

「佐伯さん!オレ…わ…わたくしと、純粋にプラトニックなお付き合いをしてください!」と、緊張して何を言っているのか分からないようなかっこ悪い告白。そして…。


告白の返事は…

ゲット!!
「私でよかったら…」と、根暗少年春日くんは見事に佐伯さんのハートを掴んだのでした。健全なお付き合い最高じゃないですか。初々しいカップル万歳!時には誤解もあるけど、2人の初々しいラブコメ具合は素晴らしいのです。佐伯さんが風邪引いて、お見舞いに行くイベントなんてニヤニヤしすぎて悶絶ってものですよ。

いやー、これは本当に素晴らしいラブでコメりっぷりですよ。「私達…大事に付き合っていこうね」とか赤面しながら言う佐伯さんの破壊力はヤバイ。初々しい純情ラブコメというものの真髄を見せつけられました。まあ、そういう漫画じゃないけど。


初々しいラブコメの真髄…?

初めてのデートは服の下に盗んだ体操着を着ていました。なんぞこれ。ちなみに本当の初めてのフラグは佐伯さんの体操着を盗むことでよ。あれー、おかしいなどう見ても変態です。

ひょんな事から佐伯さんの体操着を持って帰ってしまえば、それをクラスの変わりもの仲村に見られて盗んだ事をばらされたくなければ契約をしろ…と。そして素晴らしき変態ライフが始まるのです。後ろめたさと怪しさといかがわしさと純情っぷりが見事に混ざって、最高にハイってやつです。まさにカオス、狂気、卑猥、背徳さこそがメインであり純情なんて刺身のツマです。


契約

そもそも契約って何やねんと突っ込んでしまう程の中二病全開な展開。体操着を盗んだ事をばらされたくなければ契約しろと言いだす仲村。契約の中身がそもそも何なのか分かりません。「春日くんは私と契約したんだよ。だから何もかも全部さらけださなきゃいけないの。何もかも」と言っていたので、これが契約の中身でしょうか。

1巻6話の作品解説に作者・押見修造先生は変態について以下のようにコメントしていました。

変態ってなんでしょうか?
変態という言葉には、理解できないものをワクの中に押し込めて安心しようという思惑がこめられています。けれど、多かれ少なかれ人間は誰でも変態的なものを心の中にしまっています。

心の中に変態的なものをしまっているとは、なかなか興味深いコメントです。

そして、2巻最大のキモといえば、「普通になりたいんだよォ」と言う春日に対して、他の奴と同じだと言いだし「契約は終わり」と仲村が去って行こうとすれば、ついにさらけ出したのです。


さらけ出す

心の中にしまっている変態的な何かが、ガーッて感じで。凄い、何が凄いって溜めてた何かが開放された感じがヤバイ。つまり中二病魂が火を噴いたのです。凄いぜ、仲村は心の中にある変態的なものを開放してあげたのです。オビにも「押見ヒロインはいつだって君を『本当の君』へと剥こうとする闇のミューズだ!」というのに激しく同意です。

押見先生といえばヤンマガ&月刊ヤンマガでやっていた快作「デビルエクスタシー」や「ユウタイノヴァ」が、まさに狂気、卑猥、背徳というに相応しいもの。そして最大のキモは開放。ヒロインが主人公を解き放つ事に爽快感と同時にドロドロしたものがやってくる的な。


解き放つ

欲望をブチ巻けろっ!
自分自身を解き放ってくれるヒロイン。まあ、その先にあるのはろくな事がないのが常ですが。仲村のおかげで自分自身を解き放った春日高男。まさに本当の自分を見つけたのです。心の中を解き放つって羨ましいですよ。自分の中身なんて世界で一つですから。そんな私の辞世の句は、ナンバーワンよりオンリーワン!

惡の華(2) (少年マガジンコミックス)
押見 修造
講談社 (2010-09-17)

2010年09月23日(木)


志村貴子先生の作品集。表題作の「かわいい悪魔」を含む7本の短編。どれも良い話で、個人的には「中学生」が良かったです。

大橋みゆうはごく普通の中学生。「おとなりラブ☆パラダイス」という漫画に夢中で、「おとなりラブ☆パラダイス」と同じように家の隣に引っ越してきた男の子とラブがコメり出す事を夢見て、ついにお隣に同じ年の男の子が引越してきて…というもの。


中学生

漫画と同じような展開にはならなかったけど、仲良くなるという話。短いながらも胸が熱くなるというものです。他に元担任で好きな人だった先生がお母さんになってしまう「不肖の息子」もマーベラスでした。

さて、先々週の週刊少年ジャンプ(40号)で「少年疾駆」が打ち切られました。丁度ワールドカップ期間を見据えて始まり、15週という短い期間を疾駆しました。ラストは6年後に飛んで、俺達のサッカーはこれからだという打ち切り。


「少年疾駆」完

リアルサッカーを基本としており好きだったのですが、試合に入るまでが遅すぎたかな…という感じもしました。やはりジャンプで始まりの足場固めを長くやると即打ち切りに直結するなという感じ。個人的には主人公がサッカーをやる様子にヒロインが惚れてしまう展開に胸が熱くなったのに。

で、今週のジャンプ(42号)から、またまたサッカー漫画が始まりました。


ジャンプ42号

新連載の名は「LIGHT WING」。ライトウイングって主人公のポジションになるのでしょうか。しかし現代サッカーでウイングって…ひょっとして作者は昔のヨハンがいた時代のオランダのようにウイングを復活させる狙いがあるのでしょうか。というか中学時代右ウイングで、東京ヴェリタスJrユースで全国制覇をしているらしいですが。

主人公・天谷吏人は名門私立帝条高校に入学したはずが、間違えて弱小一立帝条高校に入学してしまいました。そこから始まる弱小が名門を倒すというストーリーになるのでしょうか。

で、「少年疾駆」と違い、今回の新連載「LIGHT WING」はヤバイです。主人公がヤバイ


主人公

100人乗っても大丈夫ならぬ、100人相手でもボールが取られないです。どうやら、「キャプテン翼」から引き継がれるテニプリ系の変態プレイヤーのようです。まったくウイングが関係なさそうなところがスゴイ。主人公に翼が生えて見えるなど、今後はどんな変態サッカーが飛び出すか楽しみです。

主人公はオレ様キャラで、こいつ1人いれば全国制覇出来そうな感じですが、やはりライバルも変態サッカーの使い手がどんどん登場するのでしょうか。あと、主人公の「2秒で切り返して」というのは決め台詞のようで、なかなかかっこいいです。

初めて使ったのは同級生の及川累次くんが楽しくサッカーをやると聞いて、そんな考え2秒で切り返してと言いだしました。


2秒で切り返せ

楽しくなんていう考え2秒で切り返さねェと、置いてくぞ」

ジャンプサッカー漫画では非常に珍しい楽しくプレイするを真っ向から否定。主人公は楽しくよりも勝利至上主義なのです。これはジャンプスポーツ漫画では本当に稀で、昨年10週打ち切りだった「マイスター」でも、「キャプテン翼」でもサッカーは楽しくプレイするものだというのが一貫していました。

最初から無敵プレイヤーの主人公が成長するとしたら、サッカーを楽しくプレイするという事になりそうです。また、先輩達がこの地区は強豪校ひしめく谷間でいくらやっても勝てないと言えば、そんな考え2秒で切り返せと言いだしました。


2秒で切り返せ

「そんな考え(強豪校ひしめいて勝てないという考え)2秒で切り返して、オレの背中に勝手に乗れ!!」

勝利至上主義の主人公は今後どうなるのか。「2秒で切り返して」という台詞には何か意味があるのか。何にしても、これぐらいぶっ飛んでいたほうがジャンプでは生き残る可能性が高いので期待したいところ。しかし、なぜサッカー漫画を打ち切ってサッカー漫画を始めたのでしょうか。

関連、ジャンプサッカー漫画に新たな1ページ

2010年09月23日(木)


もうすぐアニメも始まる「神のみぞ知るセカイ」10巻が発売されました。美生の再登場でのっけからニヤニヤして、性転換展開に胸を熱くしたら楠まで再登場ですよ!今回のターゲットは楠の姉・檜。何がスゴイって、楠と檜の乱取りですよ。


姉妹の乱取り

檜はミニスカ&絶対領域という素晴らしい格好でアクションするものだから、どうしてもパンチラしてしまうのです。しかし、最も肝心なのは檜の太ももですよ。何ですか、このジューシーな肉感は!久々の年上攻略にこの太もも!マーベラス極まりですよ。

さて、今週の週刊少年マガジン(43号)は「さよなら絶望先生」が休載です。だがしかし、それでもマガジンは面白いと声を大にして叫びたいのです。何が凄いって「フェアリーテイル」のお風呂シーンですよ。

初期から登場しているものの、今までスポットが当たっていなかったカナにスポットが当たるわけです。お風呂シーンだけでも素晴らしいのですが、カナとルーシィが同じ湯船につかって足を交差させるのがキモですよ。


湯船で足を交差

はじまったな!
今回のお風呂シーンのキモgは、乳やヘソといった安易な裸体ではありません。狭い湯船に2人一緒につかれば、足を交差するしかなく、この足こそ芸術的なエロさがあるのです。

個人的に、最も素晴らしい足を描くのは吉富昭仁先生。


吉富先生の描く美少女のあんよには、夢と希望がつまっており至高の足を完成させています。とにかく足がヤバイ


夢と希望があるあんよ

今回の「フェアリーテイル」の足には、この高みに通じるぐらい素晴らしいものでした。恐ろしい足力です。

今週のマガジンは「フフェアリーテイル」のお風呂で足交差がぶっちきり…そんな風に考えていた時期が俺にもありました。これよりも俺の胸を熱くさせてくれるのが「AKB49」ですよ。ぶっちゃけ、AKBメンバー誰1人知らないのですが、たかみな先輩の可愛さが異常。


たかみな先輩

たかみな先輩って実在するメンバーらしいんですが、漫画版の可愛さが異常すぎて萌えてしまう。なんぞこの破壊力。

「AKB49」は、AKB48の漫画とか男の娘とかが話題の中心でしたが、今週のマガジンに「AKB49」に対するアンケートが今更ありました。

今後の展開として読んでみたいものを1つ選んで下さい
@AKBメンバーの実体にせまるドキュメント、AAKBメンバーとして頑張るスポ根アイドルもの、B色々なメンバーとのキャッキャうふふなラブコメもの、C芸能界の裏側にとことん切り込む業界実録もの、Dその他

正式タイトル「AKB49〜恋愛禁止条例〜」なのにラブコメものだと…たかみな先輩のラブコメが超読みたいので、今週のマガジンのアンケートは是が非でも3番を選びたいところ。

しかし、さらに俺を胸熱にさせるのが「ベイビーステップ」で起ころうとは誰が予想したでしょうか。前回は間接的な物言いをしていたなっちゃん。

「エーちゃんちょっと来て、いいもの見せてあげる」
「それとも、いいモノ見たくないの?」

と、いいモノって何?とドキドキしていましたが、結局いいモノの正体は海というしょーもないオチでした。なっちゃんにはガッカリですよ!先週からいいモノ見せてあげると引っ張っておいて、結局は海とか舐めてんのか、と。


じゃあさ…私とつき合ってよ


!?




「え?ええ?な…なんで…今…うそ!」
うそじゃないです!

何がどうなってんだ…。
「いいモノ見せる」で散々エッチな妄想を膨らませて、海というオチにガッカリしていたら、ここでまさかの逆告白だとぉぉぉ。はじまり過ぎにも程があるだろう、と。

今まで、どう見ても両想いだろ付き合っちゃえよという距離感にニヤニヤしていたら、ビックリ仰天の展開にオレ大歓喜でござるの巻き。予想外の「ベイビーステップ」のニヤニヤ展開…素晴らしすぎます。

まさかの逆告白で付き合う事になるなんて展開は誰も予想できないってものですよ。インパクト絶大です。こういうインパクト絶大な展開は神回ってものです。

結論としては、今週のマガジンは「ベイビーステップ」が全てもっていったという事ですよ!




ブラッディ・マンデイ


!?




身も心も一つに…。

あ…ありのまま今起こった事を話すぜ!
一つ屋根の下で嬉し恥ずかし同棲生活がはじまったと思ったらいつのまにかはじまっていた。な…何を言ってるのかわからねーと思うがおれも何がはじまったのか分からなかった。頭がどうにかなりそうだった…少年誌でラブコメな展開だとか、そんなチャチなもんじゃあ断じてねぇ。もっと恐ろしいものの片鱗を味わったぜ…。



トップ